スポンサーサイト

  • 2014.09.29 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    「ダイハツ クーザ 大阪公演」 興奮気味です(^_^;)

    • 2011.08.26 Friday
    • 09:52
    クーザ

    公式サイト


    先週のことです。


    そう、夏休みの最後の休暇日です。 以前から目を付けてチケットをとっていた、シルク ドゥ ソレイユを見てきました!

     場所は大阪中之島ビッグトップ特設会場です。

    「シルク ドゥ ソレイユ」のこと

    カナダ・ケベック州で誕生したシルク・ドゥ・ソレイユは、 世界中から高い評価を得ています。 わずか73名のメンバーからスタートし、現在では1,200名のアーティストを含む、5,000名のスタッフを抱えるまでになりました。 シルク・ドゥ・ソレイユが、世代、国境を越え愛され続けているのは、人間の持てる能力の限界まで追求したパフォーマンスと、生演奏、照明、舞台美術、衣装、振付に至る全てにこだわり、それらを融合させた芸術性の高さにあります。



     その公演名が「クーザ」 これはサンスクリット語で「宝箱」を意味するのだそうです。

    はいはい、これがまぁ、開けてみればその名の通り、「宝箱」でございました!
    これは、わたくしの今までの「サーカス観」をひっくり返すようなショーでしたわね。
    なんでも、元オリンピックの強化選手とかもおられるそうで。

    いやはや、圧倒され、絶叫する場面もありましたわ。


    てことで、わたくしの夏季休暇(とはいっても夏休み中、5日間だけですけど)は、華々しいショーとともに、終焉を迎えましたわ。

    ※動画を載せようとしたんですけど、あきませんわ。。ジュゲムさん、がんばつてね。

    オペラ座の怪人

    • 2011.08.21 Sunday
    • 10:45



    公式サイト

     カゼはまだ治りきってなかったけど、ずいぶん前からチケットをとっていたので、えいっとばかりに京都劇団四季まで行ってきた。

    前回は、電車が人身事故で止まってしまうというトラブルがあり、開演5分前に滑り込みだったが、今回はほんとにスムーズに行って、お連れの方々が「こんなにうまくいくなんて!!」と感動してた。(これがふつーなんですけど。笑)

    とにかくファントムの歌声の素晴らしいこと。

    もう息もせずに瞬きも忘れて見入っていた。

    映画も見てて、ストーリーはわかっていたけど、やはりリアルに人が演じるものには映画にない迫力があり、まったく圧倒されてしまった。

    今まで、「美女と野獣」「コーラスライン」「ウィキッド」「アイーダ」と見てたが、どれにもない緊迫感があり、目を離す瞬間など一度もなく。

    それにしてもファントムを演じた俳優さん、もう50近い方みたいだが、華麗でスマート。

    毎日のように演じておられるのだろうけど、一瞬のスキも緩みもない。

    私はすっかり四季にはまってしまっている。笑!



    恋川劇団

    • 2011.08.11 Thursday
    • 11:02




    ※写真撮影は禁止でしたので、ネット上からお借りしてきました。


    大衆演劇ってどうなんだろう?とずっと疑問に思ってたんですが、とうとう、見にいってきました。

    神戸、新開地劇場です。

    いや、暑かったす。


    その世界では有名だという噂の恋川劇団の公演でした。

     http://koikawagekidan.com/


    これはね。。。お得ですよ。

    歌舞伎より、ストーリーがはっきりわかって、庶民的で(まぁ、大衆演劇っていいますからね)、おまけに1800円ですからね。

    恋川兄弟の流し眼に魂を抜かれてしまいましたよ。

    帰る際には、入口に役者さんが待ち受けていて、しっかり恋川純さんと握手させていただきましたがな。


    おほほほほ〜〜。


    若者のエキスをたっぷりいただきましたわ。

    劇団四季「アイーダ」を観ました!

    • 2011.06.19 Sunday
    • 22:07



     仕事が少しだけゆっくりしていた土曜日、念願のアイーダを観に行きました。

    ご近所のおくさまたちと1年間積み立てをして、やっとその日が来た時には、うれしかったですね。

    別に積み立てをする意味はないんですが、やはり、1年先に楽しいことがあると思うとなんだかうれしいですからね。

    前回、コーラスラインを観にいった時には、途中でJRの事故があり、劇場についたのは、開演の5分前だったということもあり、今回、ちゃんといけるかどうか不安だったのですが、今回は普通に行けました。

    劇は評判通りの面白さで、大満足。

    帰り道、もう、次の企画を考えました。

    そうです、京都劇場であっているオペラ座の怪人、これを、8月に観にいこうということになりました。

    みなさん、家に孫さんとか、介護のいるご老人を抱えていて、「遊べるときには遊ぼう」という思いがあるようですね。

    さて、来月が楽しみになってきました。

    次は久々の京都です!


     京都南座 歌舞伎顔見世

    • 2010.12.26 Sunday
    • 22:18

    11月30日、年休をとって歌舞伎を見に行きました!

    直前に海老蔵があんなことになってしまって、残念でしたが、代役として片岡仁左衛門(片岡孝夫)がでて、玉三郎と競演。

    久々の孝玉コンビで感激でした。

    年を取ったとはいえ、美しいお二人。。

    いや、見応えがありましたね。

    しかし、たっぷり4時間、座っているのはちょっと辛かったですね。

    今年の目標であった、「阿波踊り」と「歌舞伎」、、ふたつ達成したことがとてもうれしかったですね。

    劇団四季「コーラスライン」

    • 2010.06.18 Friday
    • 11:05
     書き忘れていた。

    記録しておかなくちゃ。

    JRの事故で、電車が止まってしまい、タクシー、阪急電車、京都地下鉄と乗り換えて、到着したのは、開演10分前だった。

    劇の途中でお腹の激痛に見まわれた。

    あとでわかったことだが、私は十二指腸潰瘍になっていたらしい。汗。。

    コーラスラインは、シリアスな台詞が多く、頭と心がいっぱいになった。


     吉本へGO!!

    • 2010.02.15 Monday
    • 23:36

    関西にきて20年以上になるのに今までいっていませんでした。

    行ってきましたよ。

    いまいくよ、くるよさん。月亭八方さんもみてきました。

    ただ、お腹のそこから笑いたかった。それだけなんです。

    なんばグランド花月

    漫才・落語]今いくよ・くるよ/月亭八方/大木こだまひびき/桂小枝/Wヤング/おかけんた・ゆうた/ミサイルマン/くまだまさし/タイラー/シンクタンク

    [新喜劇]川畑泰史 /チャーリー浜 /安尾信乃助 /浅香あき恵 /島田珠代 /他

     劇団四季「美女と野獣」

    • 2010.01.24 Sunday
    • 23:16

    京都劇場まで行ってきました〜〜。

    もう素晴らしすぎて、この感動をどう伝えたらいいのかわかりませーん。

    ランチは、劇場に隣接したホテルグランヴィアで、バイキングをいただきました。


    D

     宝塚歌劇 雪組公演 「ロシアン・ブルー」

    • 2009.08.29 Saturday
    • 18:09

    宝塚ってところは、ここからそう遠くない。

    以前は宝塚や西宮に住んでいて、行こうと思えばいつでも行けた場所だけど、とんとご縁がなかったのは、やはり興味がなかったせいだろう。

    f:id:kusukusu_kun:20090829182408j:image:right

    じゃぁ今回は、興味がわいたか?といわれると、そうでもなく、ただ、記念に行ってみてもいいかなと思ったぐらい。

    席はSSとSとAとBとかあって、当日でも簡単に取れると高をくくっていたのに、チケット売り場にいくとそんなに席は残ってなかった!

    特にSSとかSとかは全然なかった。平日ですぞ、平日。

    さらに1F席は全然残っていなかったので、2F席ならどこでも同じだろうってことで、B席に。

    今回の公演は、雪組。「ロシアンブルー」という演目だった。クリックで宝塚歌劇のサイトにいきます。動画もあります。

    なーんの予備知識もなく行っているもんだから、今は誰がトップでなんてことも全然わからない。

    それでも、幕が上がる前は普通にどきどきしたし、上がったあとも、声を上げそうなぐらい圧倒されたわよ。笑

    あのストーリー性のない劇にもなぜか普通に感動し、休憩をはさんでの華麗なビューにも大満足。

    大衆演芸っていうのは、こうあらねばいかん!という見本みたいなものでしたわ。

    うん、文句なしですな。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM