スポンサーサイト

  • 2014.09.29 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    英語耳。

    • 2003.06.14 Saturday
    • 23:23
    はい、こんにちは。

    今日は、朝からこのパソコンは英語三昧。
    弟くんの英検準2級のテストが明日だ。

    最近の学校の英語ってのは、ほんとに至れり尽くせり。
    週に9時間ある英語の授業のほかに、ネットで自宅学習。
    これは学校の推奨教材で、留学のための準備に使う。
    なんと3万以上する。利用期間は1年だ。
    担任がパスワードを管理していて、生徒の進度をチェックすることもできるんだと。

    これ http://www.corp.globalenglish.com

    マイクとヘッドフォンを使って、聞く、話す、ネイティヴの先生とチャットをする。

    ちょっと使ってみたけど、盛りだくさんすぎて、使いこなせない状態。
    試しに二人でやってみて、さっきやっと、目標のレベルをクリアした。

    しっかし、ネットで、オンライン英語教材をちょっと探しただけでも、あるある、どはっと出てくる。

    入学当初、Vectorで見つけたソフトがなかなか優れものだったので、それを使って、0時間目の英語テストの対策をした。
    ちょうど、学校の教材と同じものだったから、試用版を使ってみて、その後、ダウンロードした。これは2300円だった。
    これは、しゃべる練習にはならないが、聞き取りとスペルを覚えるのには役に立つようだ。

    http://www.vector.co.jp/swreg/catalogue/eigo/?srno=SR033615&site=v

    あと、ネット仲間の千夜ちゃんおすすめのサイト。
    ここの無料会員になって、単語のゲームをして楽しむ。

    http://www.perapera.co.jp/toppage.asp

    一日中、これをやってると、少しばかり、英語耳になったような錯覚を覚える。あくまで、錯覚。

    自分が英語を勉強した頃ってのは、辞書がひとつと参考書が1冊だけだったから、今の子って、本当に恵まれているよなぁ。
    辞書も学校用と家用と二つ揃えるように学校から指導されてる。

    やつめは、学校でオーストラリアからきている女の子とお隣同士の授業の時があるらしく、やっと恥ずかしがらずにコミュニケーションが取れ始めているみたい。お互い、持ちつもたれつなんだって。(笑)

    「はぁ、こんな苦労せんでも、あっちに行ったら自然にしゃべれるようになると思うねんけど。」とヤツ。

    その通りだと思うけど、それまでの道のりは、やっぱり省くって訳にはいかんのだろうね。。

    いっちょ、あたしも頑張るかね。
    なかなか引退できないね、むすこっちとのお勉強。(笑)

    体に触れてわかる事

    • 2003.06.09 Monday
    • 22:55
    はい、こんにちは。

    そろそろ蛍の群舞が見られるのではないかと思い、お教室が終わったあと、家の前の川に行ってみた。

    今日は風が吹いていて、全然見られなかった。
    明日はデジカメを抱えて撮影に行けたらいいな。

    さて、フィトネス3日目。
    今日からはインストラクターはつかずに、自分でメニューをこなす。
    自転車漕ぎを15分、ウォーキングを15分、あとはマシンを使って2セット。たっぷり1時間かかった。

    さすがに疲れて、水中エクスサイズはやめ。
    これをすると効果があがるんだろうけど、無理はしないでおこうと思った。

    かなり汗をかいて、シャワーを浴びて帰路に着く。

    家の近くの、Mくん(高校中退した元生徒ちゃん)が勤めているコンビニのかなり手前で、ステッキをついている中年の男性が、道の真ん中を歩いていた。
    車はその人をよけて通り過ぎているのだが、バスが来てしまった。

    通りすぎようとしてみたら、目の不自由な方だった。
    これはかなり危ないと思い、コンビニに車を置き、その方のほうへ走った。
    バスは依然としてその人の前でとまったままだ。

    様子から全盲の感じがした。
    声をかけ、どこまで行くのか伺った。
    すると、コンビニまで行きたいとのことだった。
    「良かったら私とご一緒しましょう。バスがね、まん前に止まっているのですよ。だから、そこまでお連れしますから。」というと「いや、ありがたいことです。」と私の腕を掴んだ。

    その時に、あたしは、兵庫県の英語の入試問題をはっと思い出した。
    目の不自由な方に道案内する方法が英文で書かれていたんだ。
    「決して手をひっぱってはいけない。自分の肘を掴んでもらうこと」・・こんな時に役に立つなんて!

    コンビニまで行ってドアを開けるとそこにMくんがいた。
    彼がいたので、なんだかほっとした。
    「後、頼むね。」というと、うん、と笑顔で頷いた。

    しかし、とても良い経験をさせてもらった。
    机上の勉強では実感が湧かなかったが、体に触れさせてもらって初めてわかる感覚であった。
    歩調を同じくして歩くことの大事さも知った。
    体の大きな方だったので、かなり方向修正に力がいったが。

    たぶん、きっとお一人でもちゃんと行けたんだろうけど。
    あたしの気持ちを無にしちゃいけないと思ってくださったんだろうね。
    方向こそ少し違っていたけど、悠然とした歩調だったもの。

    今日読んだ本

    • 2003.06.08 Sunday
    • 23:56
    はい、こんにちは。

    先ほどから弟くんがパソコンに向かってなにやら検索しながら、携帯で忙しくメールを打っていた。

    ちょいと覗いて見ると、「シェークスピア」の作品の粗筋を調べてそれを誰かに送っているらしい。

    「なにしとん?」と聞くと「Nくん、寮にはいってるやろ。宿題の読書感想文の本が手元にないねんて。部活しとうから図書館にもいかれへんし、オレになんか適当に本みつくろって、粗筋書いてメールで送って、っていうねん。」
    「はぁ、キミ、そんな長いのメールでうっとったら大変やしお金もかかるやろ。ちょっとお待ち。パソコンから送ってあげるから。」

    適当な長さの文章を探し出して、それをコピペして送ってあげたら、えらい感謝のメールがきた。

    「で、キミはなに書くの?」と聞くと「まだ、わからん。」という。

    とほほ、まずは自分だろうがっ。

    家にあったのは、「リチャード3世」。時代は薔薇戦争のころだな。
    今から読む時間もないと言って、やつめはうしろの解説を読んで、さささっと書きよった。
    ま、なんてイージーなんでしょ。

    「感想は短いほうがええの。だって国語の先生、パソコンうつの面倒やって言ってたし。」

    なるほどね。そうおっしゃるなら、そうしたほうがいいのかね。
    でもさ、それならもっと簡単な課題にしたらいいのとちゃう?
    シェークスピアなんて、ちょっとやそっとでは読めないぞ。戯曲だしね。
    前回は夏目漱石だったしな。
    まぁ、古典に触れよという意味合いもあるんだろうけど。
    自分で読みたい本を選んで書いたほうがずっと読書が楽しくなるんではないかい?

    さて、あたしが今日買った本は、「算数と仲直りできる本」(謎解きゼミナール編)

    <img src=http://www4.ocn.ne.jp/~koharu21/image/sh0001.jpg>

    ずっと悩みのタネの中2の生徒ちゃん。
    小学校の算数がまるで出来てない。
    1/2+1/3がどうしてもできんのだ。平気で2/5と答えをだしよる。
    それは通分してね、と教えるとその場では出来るんだが、次回にはまた忘れている。

    今日、書店をうろうろしていたらこの本があって、あたしがずっと疑問に思っていたことの答えが書かれていたので、さっそく購入。

    小学校の内容をゆっくりしてる時間は、ほんというとないんだけど、しばらくは時間をかけてやってくしかないもんな。
    それにこの本って、大人が読んでもかなり面白いんだな。

    神戸で飲む。

    • 2003.06.08 Sunday
    • 07:33
    はい、こんにちは。

    昨日は、スポーツクラブに行ったあと、神戸の友人たちと久々の飲み会。
    なんと、3月に集まって以来だから、3ヶ月ぶり。

    場所はいつもの海鮮料理中心の居酒屋。

    あたしは車なので、お酒は、梅酎ハイを1杯だけ。
    飲酒の罰金のことを考えると飲む気もうせるってわけ。
    でも、飲まないことに慣れてきたので、それほど、飲みたい気もしない。

    昨日は、久々に大阪に引っ越した友人も来ていて、不登校している娘さんとの毎日を伺って、ため息が出る。
    彼女は本当によくやっている。

    しっかし、年頃の娘っていのはむずかしいね。
    うちはどっちか言うと単純なむすこっち二人だから、悩みたってそう大したもんじゃないけど。

    みんなの話を聞いていると、やっぱり、娘ってのはある時期、親特に母親批判するみたいだね。それもそうとう辛辣に。
    まぁ、自分のことを振り返ってそうだから、納得は行くのだけど。
    お互いの中に、自分の嫌な部分を見てしまうというのがあるのかなぁ。
    ある程度の年齢になれば、同性同士、分かり合える部分も出てくるような気がするんだが。
    それに、娘ってのは、やっぱりなんやかや言いながら、最後は親の面倒をみるよなぁ。
    案外、むすこっちなんて、そのあたり淡々としてるんじゃないか、って思ったりするんだけど。

    あたしは、むすこを産んだ時点で、先々、色んな意味でたよっちゃいけないってぼんやりと考えてるもんなぁ。

    ま、経験ないから、わからないことだけどね。

    そんなこんなで、かなりヘビーな話をしながらも、最後は爆笑で終わるってのがこの会のよいところで、二次会はトマオニいって、甘いもんをたっぷり腹に詰め込んで、車をぶっとばして帰ったのだった。

    途中、霧がかかってきて、さすがに車も少なくなってきて、おまけに燃料計の調子がおかしくて(突然emptyマークになったり、また半分ぐらいまで針が上がったり)、もしかして高速の途中で走行不能になるかも〜なんて不安な気持ちで走っていたら、ネット友二人から携帯にメール。

    いや、なんかうれしよね。
    週末に何気なく「どうしてる?」って気遣ってくれるのがさ。
    向こうからも1週間終わってほっとしてるて感じが伝わってきてね。

    不安な気持ちがす〜〜っとなくなって、無事、帰宅いたしました。

    そんな土曜日の夜でしたのでしたぁ。

    体改造計画 その2

    • 2003.06.08 Sunday
    • 06:26
    はい。こんにちは。

    測定の結果は予想通りとほほ状態。
    で、筋力・持久力UPのためのメニューを作ってもらったんだが。
    マシン、7つを使ってのトレーニングメニューが書いてあった。
    で、それを3セットこなすわけ。
    たっぷり1時間はかかりそうな感じ。

    うーん、やれるんだろうか。。
    いや、もうやるって決めたからやるしかないのだけど。
    8日分のメニューを作ってもらったから、最低それだけはこなそう、と気を長く持つことにした。

    「明日はたぶん筋肉痛ですよ。」と言われたけど、朝起きてみたら、全然痛くない。きっと、痛みを感じるほどの筋肉もないんだわ〜。

    さて、家族は、あたしがトレーニングを始めたと聞いて、げらげら笑う。
    測定の結果を兄くんに言うと、「人間とは思えない」と返って来た。くそ。
    彼の反復横飛びを試しに見せてもらったら、同じ種目とは思えないスピード感だったわ。そら、当たり前だけど。
    おっとっとは、「三日続いたら、褒めてやる」といいやがる。くそくそ。

    そんなわけで、齢4○(40じゃないわよ)にしての体改造計画が始まったわけだ。

    目標は体脂肪率20。

    そこまでいけたら、また、日記に書くわ〜。

    てことで、終わり。

    体改造計画 その1

    • 2003.06.07 Saturday
    • 15:29
    はい、こんにちは。

    木曜日に引き続き、今日で2回目のフィトネス。
    そこのスポーツクラブでは、水中エクスサイズは時々やっていたけど、フィトネスはやってなかった。

    あたしは自慢じゃないけど、スポーツが嫌いだ。
    今までやった一番ハードなスポーツは、マウンテンバイクで六甲山降下をやったぐらい。
    あれは、某新聞社のライター(バイト程度)をしていて、自転車特集てのがあったので、ちょっと興味が湧いて、自分専用のマウンテンバイクを買って、取材かたがた参加したってぐらいなんだけど。

    それでも、あんなにしんどかったことはなかった。

    なんせメンバーは若い子ばっかり。
    よくついていけたよなぁって今更ながら感心してる。

    あれ以来、通勤はマウンテンバイクでなんとか足の筋力だけは維持していたように思う。
    里に越してきて、はじめのうちは、峠ぐらいまでトレーニングに行っていたけど、最近は、全然乗らなくなっていた。
    で、車ばっかり使うもんだから、下半身の筋力が極端に落ちている気がしたんだ。

    こないだ誕生日を迎えて、ちょうど、生きてみたい年数の半分に来たと思った。(うほほ、100歳とかじゃないわよ。)

    残りの人生をこのまま、無筋肉状態ですごすか、ちょっと筋肉をつけて、スリムに生きるか、そういうことを考えた。
    やはり、元気な年寄りになりたいし、病気もしたくないもんね。

    それであたしは一念発起して、本格的にフィトネスに通うことにしたのだ。

    そこは、割と会費が安いので、(月5000円で週5日、12時から6時までどの施設でも利用可)毎日でもいけるわけだ。

    さて、初日、体力測定をした。
    やはりあたしの体力はどかんと落ちていた。
    5段階評価で色々検査項目があったけど、5は一つしかなかった。
    片足で立って、目を閉じて、両手を腰にあてて、何秒もつかってやつ。
    いわゆる平衡感覚。
    そこに通ってる人の最高記録が120秒と聞いて、ふーんと思っていたら、私は、120秒を軽く越していた。
    目を閉じて、体が揺れそうになったら、「心を真っ白にしてごらん」とどこからか声が聞こえてきて、「こころを真っ白に」と呪文のように唱えていたら、時間がすっと経っていった。

    つまり、私は、じっとしている種目は得意ってことなんだ。かかかっ。

    で、一通り測定を終わって、インストラクターせんせから、かなり詳しい指導を受けた。

    <つづく>

    むなしい、とヤツは言う。

    • 2003.06.06 Friday
    • 09:39
    はい、こんにちは。

    眠いです。明け方、3回も目覚ましをセットしなおしてしてそのたびに二階まで行って、弟くんを起こした。

    彼の高校は0時間目が毎日テストで、英語と漢字が、一日おき。
    その英語、短文がぎっしりつまった問題集10ページから出題される。
    80点以上とらないと居残りで8時間目までいないといけないので、必死。

    今のところ、クラスで3人だけ居残りを免れていて、その一人になんとか残っている。落ちた子の中には、弟くんより合計点にしたら、ずっと点が高い者も何人もいて、やつめは、とことん要領のいいやつみたい。
    いつもどうにかこうにか、セーフですもんね。

    こうなってくると絶対落ちたくないらしく、やつはいつもその問題集を携行して家の中をうろうろ。

    さて、夕べ10時ぐらいにふらふらと階下に下りてきて、
    「もうだめ。1時間寝るから起こして。」といってきた。
    1時間後に起こすと、
    「もう限界。明日のテストもう諦める」といいだして、ばたんと長いすに倒れこんでそのまま寝ていた。
    また1時間後に起こして「ほれ、がんばらんと」と言うと「むなしい。。」と言い始めました。「オレは、どうして、こんなことに必死になっているんだ。毎日毎日おんなじことの繰り返し。楽しみもなんもない。」と。
    ふーむ、どうやら重圧に負けそうになっているな。

    「そうかぁ。楽しみもないのかぁ。可愛い子はおらんのかいな。」

    「そんな問題ちゃう。」

    「あはは、そうか。
     でもさ、かーさんがええ大学にいくための勉強やって言ったって、あんたは全然納得せんやろ。
    そういう時はがばっと寝なはれ。一回ぐらいおちてもええやん。」

    「そやな、そうする。でも、念の為に4時に起こして。」と言って来た。

    4時に目覚ましをセットして起こしに行った。
    5時にもう一度行ってみたらもう寝ていた。

    朝、飯をくいながら、問題集を見ていた。

    「あんた、諦めへんみたいやな。」

    「それが、今頃になって、やる気が起こってきた。ちくしょー。なんで今やねん〜〜!」

    「人間てね、体が弱っているとぐちゃぐちゃ考えても仕方ないことを考えるもんなの。だから、訳わからんようになったらさっさと寝るべし。」

    「へへー、そうなんかぁ。」

    「そそ、仕方ない、今日だけ車で送ってやるから、10分でも覚えなさい。」

    やっぱ、あたしは、どっか甘い母よね。笑。

    「にがり」でつるつる

    • 2003.06.05 Thursday
    • 10:18
    はい、こんにちは。

    NHKの朝ドラ、「こころ」をみてひとしきり泣いて、あたしの朝は始まる。「ほんまもん」以来、あんまり興味がなくて、見てなかったけど、今回のは、つい、見てしまっている。
    やっぱり、あたしは、家族愛ってのに弱い。
    もう、無条件降伏って感じで、ぽろぽろ泣いてしまうんだな。

    「こころ」が終わって、おもむろに家事。
    家事をしながら、ずっと、水分をとっている。
    このところ、とても喉が渇くのだ。
    そのたびにコーヒーってのも体に悪いから、牛乳とか市販の野菜ジュースとか、いただいた「ゴーヤ茶」とか、色々飲んでいる。

    で、その中に、以前日記に書いた「にがり」http://nigariya.hp.infoseek.co.jp/diet/diet.html、これを数滴たらしている。

    飲み始めたのが5・18だから、今日で2週間半ほど。
    450ccのにがりが体に入った。
    一日、25ccぐらいかな。説明に書いてある5倍を摂取していることになる。

    体の変化は。

    体重はそれほど落ちないけど、肌がつるつるしてきた。
    朝、洗顔するときに、ひっかかりがないのだな。
    メイクする時に驚いたこと。
    ファンデのノリがすんごくいいのだ。
    あたしは、エステサロンでソニークラブのファンデを買っているんだけど、こないだたまたま「ちふれ」を買った。
    出先で化粧直しするのにファンデを忘れたから、買ってみたわけ。

    肌の調子が悪いときは、このちふれ、全然乗らないのだけど、ここ数日、すんごいノリがいいのだ。
    化粧水と日焼け止めの上にこの粉をのせても、全然崩れない。
    却って、ソニークラブのは油っぽくて浮いた感じがするんだな。

    うーん、もしかしたら、にがりがきいているのかも。

    薄化粧をモットーとしてるあたしには、塗るものが少ないってのは、すんごくうれしいんだな。だんだん暑くなるし。

    にがり、一瓶、飲み干したから、もう少し飲んでみよう。

    さて、今日は、フィトネス行ってきます。
    今日は、体力測定の日なので、行って、インストラクターに笑われてきますわ。
    だって、筋肉、皆無なんですもの。
    あたしのメニューを作ってくれるってことらしいけど、お手柔らかにお願いしたいわ。

    そこのスポーツクラブって、オリンピックのスピードスケートの田村直也さんの練習場でもあるの。
    あははははは、笑うしかない。

    さ、いらんことゆうとらんと、支度して、いってこっと。

    じじばばと落ち葉拾い

    • 2003.06.04 Wednesday
    • 14:46
    はい、こんにちは。

    先日、しうとめが一泊の同窓会に出かけた。
    いつも毎年この時期になると、しうとめは
    「小春さん、ちょっと洋品店に連れて行って欲しい。
     服を見たたてもらえへんか?」と言ってくる。

    しうとめは服を普段から買うってことがないので、この時期の買い物を楽しみにしているのだ。

    今年は何も言ってこないなぁと思っていたら
    「門司のおかーさん(私の母)がこないだ、服を送ってくれたさかい、今年はそれを着て、行って来させてもらうさかい。あ。ちょっと着てみるで見て欲しいわー。」と言って来た。

    母屋に行くと、しうとめは、もうすっかり着替えてきて、うれしそうに私に見せる。

    「うん、良いと思います。あれでもセンスは割りと良いほうなんでね。」というと、ぐるりと一回転して、「もう少し細かったらなんでも似合うんやけどな。」と照れている。うふ、その通りだけど可愛い。

    朝早く出かけた。その日の晩は、茄子の料理と冷奴とかずのことイカのマヨネーズ和えをじぃちゃんに届けた。

    「昼にうどんを食いすぎて、腹をこわした。」とじぃちゃん。

    「あ、それなら無理せんと、残してくださいよ。」と言ったのだけど、じーちゃんは律儀に食べていた。

    しうとめがいないとじぃちゃんはすぐ腹を壊すのだ。
    好きなものを食べ過ぎてしまうから。

    じぃちゃんは、退屈そうに庭の落ち葉の掃除をしていた。
    あ、手伝いにいかなくちゃと思ったのだけど、眼底が痛くてちょっと寝ようと思っていたら、じぃちゃんの箒の音が眠りを誘って、なんと3時間も寝ていた。

    次の日、しうとめが帰ってきた。
    すぐに畑に行っていた。
    「遊んで帰ってきたさかい、働かんと。」と言い訳している。
    年に一度の旅行ぐらい気を遣わなくてもいいのにね。

    「あんたのナス料理は美味しいとお父さんがいっとった。
     同じナスでもこう違うもんかって。」

    おいおい、じぃちゃん、そんなことゆうたらあかんがな。笑。

    さて、今日も、じじばばは、庭の掃除。
    風が吹いたら、元の木阿弥なのに、どうしてそう根気強く掃除ができるんだろうね。
    お百姓ってのは、いつもそうやって、自然と根気よく付き合うんだよね。
    全く、気が遠くなるけどね。

    さて、あたしも今日は、ちょっと庭にいって、掃除を手伝ってこよう。

    ぐだぐだ言いながら落ち葉かき集めるのも、時々だったら、楽しいって思えるよ。

    明日から衣替え

    • 2003.06.02 Monday
    • 00:31
    はい、こんにちは。

    台風が去って、今日は、午前中は曇り、時々雨。
    家事もすすまないし、ぼんやりと過ごしていた。

    兄くんは木曜から泊りがけ。神戸のユニバー競技場で最後の県大会。
    台風の中、みな、よい記録がでなかっただろうなぁと空を睨む。

    今回は100mと400リレー。
    リレーだけでも近畿大会に行きたいとずっと言っていた。
    午後7時ごろ帰宅とメールが入った。
    さて、結果はどうだったんだろう、どんな顔をして帰ってくるんだろう。
    やや不安な気持ちで帰宅を待っていたら、彼は、割とすっきりした顔をして帰ってきた。

    「は〜〜、疲れた〜。腹へった〜〜。」

    良かった。いつもと変わらない表情。

    「どうやった?」と聞くと、「近畿にはのこれんかった。悔しい。」

    「みんな泣いてた?」

    「おぉ、オレも泣いた。」

    「兄貴、泣いたんかぁ。。ええなぁ。。青春やなぁ。。」と弟くん。
    やつめのクラスは部活には入れないので、とっても羨ましいのだな。

    しっかし、5年半、毎日よく走ったもんだ。
    0.何秒かを縮めるために。

    今日の彼は、なんだかさっぱりした感じで、もう悔いはないみたいな感じだった。

    「明日から髪を伸ばそう。願書、やっぱり、丸坊主はいややな。」

    「お、やっと受験生だってことを思い出したな。
     そうそう、明日から、勉強やね。にやり。」

    さて、明日から、我が家は遅ればせながらお受験モード。
    弟くんの留学関係の試験も次々にある。
    次なる戦闘体制に入った気分。

    ・・6月、衣替え。

    やつらの明日からの夏服の準備をした。
    ズボンの裾上げ、カッターのアイロンがけ。
    おまけに、おっとっとは明日から始まるトライアルウィーク(中学校で実施される勤労体験)で、毎日スーツを着ての通勤となるので、ワイシャツのアイロンがけをした。

    先ほど、すべて終了。

    はー、日曜日の夜って、いつもお裁縫したり、アイロンがけしたりしてるよなー。

    こういうことって、結構すきだったりするのよね。

    いや、ほんとだよ。(笑)

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM